医療法人社団 歯周病センター 山田歯科成瀬クリニック

  • お問い合わせご予約はお気軽に
  • 042-739-3006
  • お問い合わせご予約はお気軽に受付時間 9:00~12:30 14:00~18:00(日・祝日休診)

採用情報

歯周病豆知識

親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?

2019年2月10日 (日)

カテゴリー: 未分類

親知らずは、智歯ともいわれ、退化傾向が強く、歯茎に埋まっていたり、形に多様性があり、生えてくる位置異常などを認めることが多くあります。そのため歯ブラシが上手にできず炎症を起こし、腫れたり、痛んだりすることがあります。これを智歯周囲炎と言います。智歯周囲炎は、他の歯でいう歯周炎で、ひどくなると顔貌が腫れ、開口障害、嚥下障害を引き起こすことがあります。そのため抜歯が選択されます。
また智歯が、虫歯になると生えている位置が悪いために治療ができず、抜歯となります。位置の悪い智歯を放置すると、隣接する歯も虫歯や歯周病になり、大事な歯が抜歯になってしまうことがあります。上記のようなことにならないために、抜歯が選択されることが多いでしょう。
では抜歯の最適な時期は、歯が生えてくる時期18~24歳です。智歯の根が未完成で幼若であること、年齢的に骨に柔軟性があり、治癒が速いことなどの理由が挙げられます。女性では、妊娠期に智歯が痛むことも多く、一般的に早めの抜歯が推奨されます。
症例は限られますが、智歯は移植に使用することができます。あごが大きく、きれいな歯列であれば、抜歯は必要ありません。通常は、抜歯する場合が多いですが、個人差があるのでかかりつけの歯科医院で相談しましょう。

  • スタッフブログ
  • 歯周病豆知識
  • 問診票ダウンロード
  • 歯周病インプラント専門外来 山田歯科クリニック成瀬 監修

医療法人社団 歯周病センター 山田歯科成瀬クリニック

〒194-0045 東京都町田市南成瀬1-4-5

  • お問い合わせご予約はお気軽に
  • 042-739-3006
診療時間 日・祝
9:00〜12:30
14:00〜18:00

休診日:日曜日、祝祭日

Copyright (C) Yamada dental naruse clinic All Rights Reserved.