医療法人社団 歯周病センター 山田歯科成瀬クリニック

  • お問い合わせご予約はお気軽に
  • 042-739-3006
  • 受付時間 9:00~12:30 14:00~18:00(日・祝日休診)

採用情報

マイクロスコープによる歯内療法

マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープによる精密治療 イメージ画像歯科治療も新しい時代がきました。近年、歯科治療は歯周病再生治療、骨再生治療、インプラントなど治療技術の進歩には目覚しいものがあります。同時に治療器械もレーザー、高周波治療器具、歯科用CTなど新しいものが次々に開発され治療に応用されております。歯科用顕微鏡もその中の一つです。従来、医科領域でも大半の手術が、肉眼で行われていました。

最近では内視鏡を始め、脳腫瘍の除去、血管縫合、神経縫合など顕微鏡なくして外科治療が行えない状態となっております。歯科治療もその例外ではなく、歯の中の神経の治療いわゆる 根管治療など針の先ほどの太さの根管の掃除には顕微鏡は欠かせないツールとなっています。

マイクロスコープによる精密治療 イメージ画像また歯は、人間の体の中で唯一、自然治癒が望めない臓器の一つでもあります。そして60年・70年以上、毎日使われる臓器でもあります。そんな歯の治療に精度の高い治療を行うためには顕微鏡治療は不可欠です。適合の良い、精度の高いかぶせ物を装着することが歯を長くもたせることができるのです。






マイクロスコープを使用した根管治療

マイクロスコープを使用した根管治療 イメージ画像根管とは歯の中の神経や血管が通っている非常に繊細な管のことを言います。根管治療は虫歯の進行や歯周炎によって細菌感染してしまった根管(歯の根っこ)内の神経を取り除き、二度と細菌が入らないように根管を消毒する治療です。抜歯をせず歯根をきれいに残すには、この細く複雑に入り組んだ形をしている根管への正しいアプローチが必要であり、歯科治療の中でも高度な技術が要求されます。





マイクロスコープが根管治療成功のカギに



マイクロスコープが根管治療成功のカギに イメージ画像従来の根管治療は肉眼のみで行われてきました。そのため細菌が充分に除去できずに再感染して痛みや腫れを引き起こし、結局再治療や抜歯に至ってしまうケースも少なくありませんでした。しかし、マイクロスコープを使用することでこれまで見えづらかった患部が何倍にも拡大され、しっかりと目視できる状態になったことで手元も安定し、治療の正確性を高めることが可能となります。 治療の難易度が高く100%成功すると言い切れないのが根管治療ですが、歯科医師の感覚と経験のみによって行われていた治療にマイクロスコープの技術力が加わることで、その精度と成功率は大幅に引き上げられました。

「できれば抜歯をしたくない」この想いは患者様と同じです。本来精密治療とは、最大限抜歯を避けるために行う治療です。マイクロスコープは米国ではすでに一般的に使用されていますが、日本で導入している歯科医院はまだそこまで多くはありません。当院はマイクロスコープの導入に加えてスタッフの技術の研鑽にも力を入れ、より精度の高い根管治療に取り組んでいます。

医療法人社団 歯周病センター 山田歯科成瀬クリニック

〒194-0045 東京都町田市南成瀬1-4-5

  • お問い合わせご予約はお気軽に
  • 042-739-3006
診療時間 日・祝
9:00〜12:30
14:00〜18:00

休診日:日曜日、祝祭日

Copyright (C) Yamada dental naruse clinic All Rights Reserved.