医療法人社団 歯周病センター 山田歯科成瀬クリニック

  • お問い合わせご予約はお気軽に
  • 042-739-3006
  • 受付時間 9:00~12:30 14:00~18:00(日・祝日休診)

採用情報

歯科用CTを用いた検査

歯科用CTを用いた検査

歯科用CTを用いた検査 イメージ画像歯科医院での初診時は画像診断による検査を行います。多くの場合、パノラマ撮影ですが、手術や外科的処置の際はCTによる検査が有効です。CTとは被写体を3Dで把握するためのレントゲン撮影方法で、これにより立体的な構造把握が可能です。





どんな症状に使うの?

どんな症状に使うの? イメージ画像CTはインプラント治療、歯周病治療、根管治療などの際に役立ちます。インプラント埋入手術では顎の骨の厚みや幅、血管や神経の位置関係を把握し、安全な手術のために役立てます。特に下あごには太い神経が通っており、位置を把握していないとインプラントを埋入した際に傷つけてしまう可能性もあります。

歯周病に対しては、歯槽骨の吸収具合を診たり、歯根が折れていないか確認することが出来ます。歯の神経を抜く根管治療においては複雑な形の根を把握し、治療の成功率に貢献することが出来ます。

当院はモリタ製CTを導入

当院はモリタ製CTを導入 イメージ画像「ベラビュー エポックス3Df」は1台でパノラマ撮影、セファロ撮影、3D(CT)撮影が可能です。デジタルテクノロジーを駆使し、従来より少ないX線照射線量で撮影します。

さらに洗練された多彩な画像処理により、幅広い撮影領域が実現。多角的な診断に役立つことが期待できます。パノラマ画像とCTを連携させて診断することで、分かりにくかった歯根ののう胞の位置なども特定することができます。




CTとサージカルステントガイドを併用したインプラント治療

CTとサージカルステントガイドを併用したインプラント治療 イメージ画像サージカルステントガイドとは、CT画像による解析結果に基づいて作られた患者様の口腔模型のことです。当院ではCTとこのサージカルステントガイドを併用し、より高精度で安全性にも配慮したインプラント治療の実現に努めています。







正確なインプラント治療のために

正確なインプラント治療のために イメージ画像「ベラビュー エポックス3Df」は1台でインプラント治療を行うにあたってまずは患者様の口腔内のCT画像を撮り、その画像をベースに専用ソフトで治療のシミュレーションを繰り返しながらインプラントの最適な埋入方法を模索します。

インプラントを埋入する位置と角度によっては患者様の骨や神経を損傷させてしまう恐れがありますので、決定には細心の注意が必要です。人間の目やパノラマ画像のような2D画像では骨の構造や神経の位置を確実に把握することは至難の技ですが、CT(3D)画像は360度あらゆる向きから安全な方法を検証することが可能です。

サージカルステントガイドの役割とメリット

サージカルステントガイドの役割とメリット イメージ画像治療計画を決定したら、患者様の歯型を精密に取得しレジン(プラスチック)でサージカルステントガイドを作成します。サージカルステントガイドは、シミュレーションの動きを実際の治療で完壁に再現するためにインプラントの埋入をガイドする装置です。

完成したサージカルステントガイドにはインプラントを埋入すべき位置に埋入すべき角度で穴が開いており、手術時はこれを患者様の口腔内にマウスピースのようにはめ込んで使います。ガイドの通りに正確かつスムーズにインプラントを埋入できるようになったことで治療の精度が向上し、治療時間も短縮することができています

また、サージカルステントガイドは患者様のお口にぴたりとはまるよう設計されているので、手術中のトラブルを未然に防げることは勿論、治療後のインプラントに変形や違和感等の不具合が生じにくいというメリットも持っています。

医療法人社団 歯周病センター 山田歯科成瀬クリニック

〒194-0045 東京都町田市南成瀬1-4-5

  • お問い合わせご予約はお気軽に
  • 042-739-3006
診療時間 日・祝
9:00〜12:30
14:00〜18:00

休診日:日曜日、祝祭日

Copyright (C) Yamada dental naruse clinic All Rights Reserved.